子供の安全 家庭のキケン 0歳 1歳

子どものキケン家庭の安全
子供を危険事故から安全を守る0歳、1歳
家庭での子どものキケン、0歳から1歳

誕生から寝返りハイハイつたえ歩きを経て歩くまでですね

0歳〜1歳
誕生1歳になるまでの、赤ちゃんですね、
この年齢の事故は回りにいる親や大人のちょっとした注意で
ケガや事故を防ぐことができます。

赤ちゃんの成長は、それぞれ違います。
私の子どもも、首が座る前に寝返りをうつようになりました
クビが座っていないと当然、自分で頭をあげれません。

この頃は柔らかい布団での窒息もありますので、
寝返りをうつようになれば布団に気をつけましょう。


赤ちゃんは自分の回りのもの全て、何にでも興味を示しますが、
危険を予知することは全くできません。

赤ちゃんの事故を防ぐためには、お母さんなど子どもの回りにいる
親や大人のちょっとした安全への気配りと
家族全員が事故防止の認識を深めることが必要です。


この時期に多い事故は、転倒、窒息、異物誤飲、やけど、転落や水の事故です。
ハイハイをしだすと動く範囲が急激に広くなり注意が必要です。

寝返りから、ハイハイ、つかまり立ちと毎日のように成長しています。
楽しい時期でもありますが成長とともにキケンな事柄や
危ない場所も増えますので注意して見守ってあげてください。


子供安全グッズ人気ナンバー1は、網戸ストッパーなんです。

★子供安全グッズ網戸ストッパー一覧

【ベビー用品:安心グッズ】Richell(リッチェル) スヌーピー あかちゃん安心25点セット


ドアクッション
【ベビー用品:安心グッズ】Richell(リッチェル) ドアクッション(1コ入)


★ドアクッション一覧ページ


コーナークッション
★税込★コーナークッション1.5m巻 黒


コーナーゴムパッド
★税込★コーナーゴムパッド 小4P ブラウン 


★コーナーゴムパッド一覧


コンセントカバー

★コンセントカバー一覧ページ


冷蔵庫ロック

★冷蔵庫ロック一覧


サッシロック

★サッシロック一覧ページ

家庭内子供の安全 子供のキケン3歳〜

家庭内での子供の安全
子どものキケン、3歳〜

子どものキケン、3歳以上になると、子どもの行動は益々活発になり、
跳ねたり、走ったり色々な事ができるようになります。
もちろん行動範囲も広がります。
家の中だけでなく外に出る機会も増えてきます。
教えるのが早い家の子供は自転車にも乗れます。

行動範囲が広くなる分、
転落、やけど、溺水、自動車事故などの危険も高くなります。

行動範囲が広くなっても子どもはまだ
何が危ないのかについて十分に分かっていません。
危険と安全について十分に教えてあげてください。

家の中では、マッチやライターでの火遊びでのやけどや火事もあります。
仏壇やタバコを吸う家庭では気をつけてください。

ベランダや窓、階上から階下への転落事故も多いです。

背が高くなってきたと思っても身体に対して頭が重いのです。
覗き込んで身体を支えられずに転落してしまいます。

水の量の浅いお風呂場でも頭から落ちて意識が無くなり窒息、
またショックで気管に水が入り込んで・・・
など怖いですのでもう少し大きくなるまで注意が必要です。


外では交通事故や公園での遊具での事故、また、池や川、海などの事故も増えてきます。
特に川や池などのキケンな場所には、近寄らないように教えてあげてください。


★こどもの安全グッズ一覧ページ

サッシロック

★サッシロック一覧ページ


【ベビー用品:安心グッズ】Richell(リッチェル) スヌーピー あかちゃん安心25点セット

子供のキケン事故を防ぐ1歳〜2歳

子どもをキケンから守る家庭を安全に
子供のキケン子供の事故を防ぐ1歳〜2歳

親の不注意や事故のために毎年多くの子供達が死亡しています。
親や大人が注意することで防げるキケンがあります。

子どものケガや事故・死亡事故が多いですが
事故の場所で最も多いのが家の中なのです。

ちょっとした注意を怠ったために重大な
子供の事故につながる事もあるので気をつけたいです。

ハイハイを経てつかまり立ちをすると足もつよくなり
すぐに歩くようになります。
そしていつのまにか上ることも覚えています。
行動範囲が多くなるに比例してキケンな場所や
事故の可能性も増えると考えてください。


1歳、2歳の子どものキケン
子供の安全、家庭の事故から守る

1歳2歳という年齢は、怪我や事故の最も多い時期です。
この年齢はまだあなたが守ってあげなければ、
自分でキケンから身を守ることはできません。

いつでも事故が起こりうることを肝に命じておいてください。

同時に、子どもには、まだちゃんと意味が解らなくても
何が危険か安全かについて常に話しかけてあげてください。

雰囲気でなんとなく伝わるように感じています。


子どもは水遊びが大好きです。
しかし、浴槽、バケツの水、浅いプールなどでも、
子どもだけで遊ばせておくのは大変危険です。

たった数センチほどの水深でもおぼれることがあります。
まだお子様の小さいうちは、節約になるからと思っても、
浴槽に残し湯をしないようにしましょう。

前ページにも書きましたが、
私の知り合いの子ども2歳が、ほんの数分目を離した空きに、
お風呂場に貯めていた20センチほどの残り湯に、頭から落ちて
溺死で亡くなるという悲惨な事故がありました。

浴槽に残し湯をしている方は気をつけてというより
もう少し大きくなるまでしないでください。

子供の安全のためキケンを伴う節約なんてしなくてもいいです。


自分の子どもの発育を知り、現在どれくらいのことができるのか
をよく知らないことから事故は起こります。

この年齢になると子どもは歩きはじめ、走り、よじ登り、
飛び上がり、全てのものに興味を持つようになります。

この年齢は、最も怪我の多い時期です。気をつけてあげてください。

コンセントカバー

★コンセントカバー一覧ページ


冷蔵庫ロック

★冷蔵庫ロック一覧


サッシロック

★サッシロック一覧ページ



★こどもの安全グッズ一覧ページ

家庭内での事故、危険な場所

家庭内での事故、危険な場所

このページでは、子供が事故やケガをしたと報告されている
家庭内でのキケンな場所を載せます。

家庭内事故の1番多い場所はリビングで1位はドアで指を挟むのです。

ドアと壁のすき間に指などをはさむ事故が多くなっています。
勢いよく閉めたりすると、骨折や切断などの大きな事故につながります。
また、高層になると窓や玄関の開け閉めひとつで急に閉まることがあります。
子どもがドアのそばにいる時や後追いの年頃には注意しましょう。


そして、キッチン・ダイニングでは

テーブルクロスを引っ張って熱いものをかぶるやけど
テーブルクロスをつかんで転倒してタンスなどのカドで頭を打ち
最悪の事態も報告されてます。

炊飯器のやけどやコンセントでの感電も多いです。
炊飯器の蒸気は子供には気になります。
また開け閉めを見ているので興味しんしんです。

コンセントにしても穴に手や何かを入れたくなるのは自然の行動です。
コンラントに髪止めを入れての感電が多いです。

レジ袋での窒息事故も多いので口を括りましょう
赤ちゃんは、レジ袋などクシャクシャするのが大好きです
でもいつの間にか頭が入ってしまって窒息死の可能性があるので
袋類で遊ばすときには、口をしっかりと括りましょう。


その他の台所では包丁でのケガやレンジの取ってを引っ張ってやけども多いです。
昨日まで届かないはずだったのに・・・
そんな感覚でも子供はいつのまにか背も高くなり
伸びる距離も日に日に高くなります。

その他のやけどでは、ポットやストーブも多いようですね。


あと台所や洗面台の下のドアを開けて洗剤を飲む事もあります。
もし飲んでしまえばクチをすすいで飲んだ製品の裏に
お客様センターが載ってるものが多いので
電話すると対処法を教えてくれます。

カミソリやハサミも気をつけましょう。


誤飲で注意しなければいけないのは、
小物では電池類、小銭、画鋲、タバコ、防虫剤、そして大人の薬ですね。
食べ物では、プチトマト、ピーナッツ、飴玉、ゼリーなどです。

階段での転落事故はママの後追いが多いですので、
今まで寝ていたはずなのにと思っても階段を降りるときは後ろに気をつけて

ドアクッション
【ベビー用品:安心グッズ】Richell(リッチェル) ドアクッション(1コ入)


★ドアクッション一覧ページ


コーナークッション
★税込★コーナークッション1.5m巻 黒


コーナーゴムパッド
★税込★コーナーゴムパッド 小4P ブラウン 


★コーナーゴムパッド一覧



★子供安全グッズ網戸ストッパー一覧

子どもの安全 家庭のキケン

子どもの安全 家庭のキケン

私が2回ほど経験したのは
ベランダで洗濯物を干していて
子供にカギをかけられてしまったことがあります。
部屋の中に入る子供にカギの部分を指を刺して開けろといっても
開けれなくて子供は意味がわからず泣くばかり

あせりましたね、

子供のキケン

子どもの事故・ケガや死亡事故があいかわらず多いですが
なんと家庭内が最も多いのです。

親や大人がちょっとした注意を怠ったために
重大な事故につながる事もあるので気をつけたいです。

子供の成長は思っているより早く、この前産まれたばかりなのに
いつのまにか寝返りをうつようになり
ハイハイをするようになり
つかまり立ちへと次から次へと成長しています。

つかまり立ちをすると足もつよくなりすぐに歩くようになり
物に上ることも覚えます。行動範囲が多くなるに比例して
キケンも増えると考えてください。


ベランダも危ないです。ベランダの外側にはプランターやゴミ箱など
物を置かないようにしないといけません。


昨年私の知り合いの子ども2歳でしたが、
ほんの数分目を離した空きに、
お風呂場に貯めていた20センチほどの残り湯に
頭から落ちて溺死で亡くなるという悲惨な事故がありました。


小さな子どもの安全は、親が守らなくてはいけません。
ちょっとした注意で守れるのですから手間でも意識してあげてください。

気にしだすと何もかも危ないですが
キケンな事だけでも注意しましょう。


★こどもの安全グッズ一覧ページ

【ベビー用品:安心グッズ】Richell(リッチェル) スヌーピー あかちゃん安心25点セット
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。