赤ちゃんの成長5ヶ月6ヶ月カテゴリの記事一覧

生後5ヶ月6ヶ月の特徴

赤ちゃんが生まれてから、生後5ヶ月6ヶ月の特徴は

・笑い方にも変化がでる。
・物をつかもうとする。
・なんでもにぎにぎして確かめるような感じ。
・右手から左手、また逆へ物を移動できるようになる。
・寝返りをうとうとします。
・体全体で喜びをあらわします。
・脚を上げて手でつかみます。
・なんでも口に入れなめたり歯茎でかんだりします。
・手足の動きがバタバタと速い。
・この頃から、たまに意味不明で泣くことも


この頃になると喜びを身体全体で表します。

顔が会うと笑い、タイミングよく声をかけると
手足や頭を振って身体全体で喜びを表します。

笑い方も種類がでます。


畳などつめにかかると気持ちいいのかガリガリとかきますので
つめをこまめに切らないと爪が反り返ってしまいます。


仰向けの姿勢では脚を上げて手でつかんであそびます。


寝返りをうつようになると赤ちゃんの行動もいろいろと広がりが出てきます。
目の前のなににでも関心があり手を伸ばしてつかもうとします。
物にふれたり、手で握ったり、引っ張ったり、
口へ運んでいってなめる・噛むなどの行動が目立って見られるようになります。

私の子供は寝返り、寝戻り?どちらも左側だけしかしません。
布団の上でクルクルまわっていますアハハ

このころに、はいはいも覚えてきますが
時期に早い遅いがあるので気にしないように

私の子供はまだ、はいはいをしません。
脚の曲げ伸ばしで少し上にずり上がるくらいです。


6ヶ月をすぎるとまだ不安定ですが
手をついておすわりの姿勢がなんとかできるようになります。

おすわりは、バランスをとるのが難しく
手をついて、背中を丸めた状態でほんの少しの間、
おすわりの姿勢を保つのが精いっぱいですが、
ときどきでも練習すると自然と筋肉が使えるようになり、
やがて手を離しても倒れないようになってきます。


ひざの上に載せておなかにもたれていても
突然前に倒れたりしますので注意

きのうコタツにおでこぶつけて泣きましたタハー


赤ちゃんの成長はさまざまです。

お座りは普通7〜8ヶ月で一人で座れるようになりますが
おすわりをしない子もいます。
お座りを飛び越していきなり立つ子供もいますので安心してください。

このころの運動は両脇を支えながら、床に足をつかせます。
赤ちゃんにピョンピョン体操をして脚をツッパッたり
チカラの入れ方を覚えさして、いよいよ立つ準備です。


この頃から意味不明で泣くこともあります。
原因はわかりませんが抱いて部屋を変えたり
お外にでたりと気分転換しかないかも


今を大切にして子供からどんどん幸せをいただきましよう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。