おむつかぶれカテゴリの記事一覧

おむつかぶれとは

おむつかぶれとは

★オムツかぶれの原因はいろいろありますが

おむつかぶれはほとんどの赤ちゃんに一度はみられる皮膚炎で、
おむつのあたっている皮膚に起こります。

こまめにオムツを替えておしりを清潔にして乾燥させるようにしましょう。


おむつかぶれは、おむつがあたっている皮膚に起こる接触性の皮膚炎です。
おむつのあたる部分の皮膚が赤くなったり、プツプツと小さな発疹ができたりします。


ひどくなるとただれたり、腫れたりすることもあります。
一般には、生後1ヶ月ごろから始まって、生後6ヶ月までが
最も多くみられる症状で、ほとんどの赤ちゃんが一度は経験します。

最近はひどいおむつかぶれや出現の頻度は、昔ほど多くなく減少してます。
質のよい使い捨ておむつ(紙おむつ)の普及とともに減ってきています。

布おむつの問題点とされる水分の吸収性や通気性、皮膚への刺激などを、
使い捨ておむつが改良してきた結果だと思います。


おむつかぶれ の原因の一つは皮脂の減少。

生後数ヶ月たつと、赤ちゃんのお肌を刺激から守っている
皮脂が少なくなるといわれてます。

赤ちゃんのお肌はMサイズになってもまだまだデリケートなんですね。
だから皮脂の量が増えるまで、オムツをつけている期間は
肌への負担を考えて、刺激の少ないオムツを使ってあげたいです。

オムツかぶれしにくいオムツを選んであげてください。


おむつかぶれ、原因、その一つはおすわりです。

おすわりをする頃には赤ちゃんの体重は産まれたときの
2倍以上になっています。

そんな赤ちゃんが、おすわりやしりもちをすると
オムツに圧力がかかり、吸収したおしっこが
逆戻りしやすくなるので、オムツの中が
湿った状態になりやすいのです。

おすわりが増えるこれからも、おむつかぶれしにくい
オムツを選んであげてください。

おむつかぶれになってしまったらこちら、用意しておくと安心

★おむつかぶれ対策の比較ページを見る


少しでもはやく治してあげてね
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。