出産祝い・出産内祝いカテゴリの記事一覧

出産・内祝い

出産祝い内祝い

内祝とは、内々のお祝いとして出産などのお祝いのときに、
宴席に招いたりとか、感謝の意味も込めて
お餅やお赤飯をくばったのが始まりといわれているそうです。


最近では、お祝いを頂いた人へのお返しというイメージが強くなって、
多くの人がこのように思っているかもしれません。

しかし、今も昔も感謝の気持ちを込めて相手に
贈り物をするというのは変わっていないようです。

内祝いをかねて、赤ちゃんのお披露目の席でもあります。

赤ちゃんが社会の一員として始めて参加する行事で
ご挨拶の第一歩という事です。


内祝いを贈る時期ですが
内祝いは、生後1ヶ月のお宮参りが終わったくらいにするのが一般的でしたが、
あくまでも目安ですから、
出産後のお母さんと赤ちゃんの体調にあわせて生後2ヶ月頃までに
済ませるようにするれば良いでしょう。

けして忘れてはならない事は、金額うんぬんではなく感謝の気持ちです。

内祝いに高価な品物などは、必要ありません。
感謝の気持ち、心がこもっていれば良いのですから、
親しい人には、内祝いの品物にメッセージや赤ちゃんの写真を添えたりと、
ほんの少しの心遣いが喜ばれます。



内祝いを直接届ける場合ですが、
自宅へ伺う前に気をつけることは、
当たり前の事ですが、
事前に先方へ訪問して良い日時を尋ねてから伺う事です。

次にコート類は脱いでから玄関へ入って下さい。

品物などは、なるべく風呂敷に包んで行くのが良いとされてましたが、
今は紙袋が主流の様ですので、気にすることはないでしょう。

品物を出すタイミングとしてみれば、部屋に通され、
挨拶をする時に一緒に差し上げて下さい。



「お返し(内祝い)はいらないから」といわれることがあります。
親族には、よくありがちなケースなのですが、

しかし、お祝いを頂いた場合、やはり半返しとは言わないにしても、
お返しは必要だと思います。

片祝いは縁起悪いと昔から言われています。

どうしても受け取ってくれそうも無い時には、
別の機会にしてみればどうでしょう。

例えば誕生日や、赤ちゃんの顔を見せに行く時に
手土産をもって行くなど日常のお付き合いの中で返す
という方法もあります。


先方に不幸ができてしまった場合には、内祝いを贈るのは、
四十九日を過ぎた先方が落ち着く頃が良いのではないでしょうか。

基本的には内祝いなので、忌服を気にする必要はありません。

かといって相手の気持ちも考えてあまりハデハデはダメですょ。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。