マタニティブルーカテゴリの記事一覧

マタニティブルーになる原因性格季節

1、マタニティブルーにどうしてなるのか
2、マタニティフルーはどんな人がなるの
3、マタニティブルーになりやすい季節は


マタニティブルーは体内のホルモンバランスが変化することによっておこります

マタニティブルーは、妊娠することによってホルモンの分泌量が急激に変わり、
精神的に不安定になることによって引き起こされるのが主な原因であるといわれています。

マタニティブルーを一般の人達は出産後になりやすいと思われがちですが、
実際は妊娠〜出産〜産後の育児期間全般にかけておこるものなのです。

妊娠することによってホルモンの量が急激に上下すると、
視床下部がバランスを崩して不安定な状態になります。

それが原因で妊娠前後はイライラしたり、落ち込んだり、
眠れなくなったり、また逆に眠くなったりと、
心身ともに疲れてストレスが溜まり、
マタニティブルーになることが多いのです。

また、例えばこれから先に待ち受けている出産や、
出産後の育児に対する不安などの内面的な問題も原因のひとつにあげられます。
妊娠することで、突然自分の負担が大きくなり、
親としてこれからこの子と一緒に生きていくという、
赤ちゃんを守る母親としての自覚が芽生えるようになります。

しかし実際は愛情はあってもなかなか自分の思うようにはいきません。
赤ちゃんは千差万別でマニュアル通りに行かないのはあたりまえなのに
赤ちゃんの首が座らない、おっぱいを飲んでくれない、
おっぱいが出ない、自分の体調がコントロールできない、
という育児に対してのジレンマが発生し、
そこから精神的に不安定になり出産して子育てからくる
マタニティブルーもあります。


マタニティブルーはどんな人がなるの?

マタニティブルーは妊婦さんなら誰でもなる可能性があります!!

マタニティブルーは妊娠前後のホルモンバランスの変化によって、
気持ちが不安定になっている時に起こりやすいので
妊娠したすべての女性がマタニティブルーになる可能性があります。

しかし、妊娠したすべての女性が必ずなるというわけでもありません。
ホルモン量の変化は妊娠したほとんどの人におこるものですが、
ホルモンの量が変化しても妊娠前の精神状態と何ら変わらない人もいます。
このような人は、マタニティブルーにならないかもしれません。
マタニティブルーは、その人の性格や生活環境、対人関係等によっても左右される、
とても繊細なものなのです。

マタニティブルーになる多くの性格は
内向的な人、完璧主義、几帳面、ものごとにこだわりやすい人に多く見受けられます


マタニティブルーになりやすい人は主に内向的な人が多いようです。
自分の殻に閉じこもってしまい、意見をはっきり言えない人たちは、
妊娠して悩みが増えるにつれ徐々にふさぎ込んでしまい、
それが悪いほうに進行していき、その結果マタニティブルーになってしまうのです。

もう一つ多いタイプとして、完璧主義、負けず嫌い、
几帳面、神経質、ものごとにこだわりやすい、
といった人たちに多く見られます。
これらのタイプに自分もあてはまる、
と思ったら、これから自分に起こるかもしれない
マタニティブルーの知識をあらかじめ頭に入れておくといいでしょう。



マタニティブルーになりやすい季節は?

マタニティブルーになりやすいのは春先など季節の変わり目が多いです。
一般の人も季節の変わり目に情緒不安定になる人が多いのと同じで
妊婦さんも季節の変わり目に特に体調を崩しやすく、
体調が崩れると気持ちが落ち込んでしまいます。
この時にマタニティブルーになりやすくなるのです。

また、季節の変わり目で体調変化が起こりやすいことに加えて、
この時期は精神的な気持ちの変化も起こりやすいという要素が加わります。
これらの要因が重なってしまうこの時期は、
どうしてもマタニティブルーになりやすいのです。


参考資料・文献・サイト
主婦の友社
http://www.shufunotomo.co.jp/

マタニティブルー

出産前後のママたちの前に立ちはだかる大きな問題、

「マタニティブルー」


マタニティブルーはホルモンのバンスと繊細な心の問題も関係するので少しでも前知識があると、ああこれがそうなんだって気持ち的に少しらくになります。

どういう症状になるのか、どうやって乗り越えればいいのと
心配しているママも多いのではないでしょうか? 
現在マタニティブルーになっている人も、
これからなるかもしれないと思っている人も、
知識と心構えを身につけちょいちょいっと乗り越えていきましょう!


マタニティブルーって?

簡単に言うと妊娠前後に起こるホルモンバランスの変化によって生じる軽度のうつのことです。

マタニティブルーとは、
出産前後の一時期間にホルモンの大変動によって起こる軽うつ状態のことをいいます。
症状は人によってさまざまですが、
主に精神的に不安定になる、涙もろくなる、イライラする、
ささいなことが気になる、無気力になる、途方にくれる、
常に不安な気持ちがつきまとうなどです。

一般的に言われるマタニティブルーは、
産後1ヵ月ほどの間に起こるお母さんの感情の揺れを指します。
これは、特に理由もないのに涙もろくなる、食欲がなくなる、
憂鬱な気分になる、イライラする、途方にくれる、など
人さまざまな症状が現れます


妊娠中から起こるホルモンバランスの変化は、
出産後に再び急激に変化します。
産後2〜3日目にちょうどホルモンの大きな変わり目があり、
その影響を受けて、精神的に不安定な状態に陥りやすくなります。

この状態がほとんどの方に見られるマタニティブルーといわれるものです。
症状の程度に差はあれ一時的なものなので心配はありません。

マタニティブルーは何度も言いますが一時的なものなのです、
これらの症状がずっと続くわけではありませんが、
ひどくなると一日中泣きっぱなしだったり、
ご飯を食べられなくなったり、ボーっとして
育児を放棄して部屋にこもりきりになってしまう人もいるようです。

しかしマタニティブルーは出産後だけではなくホルモンの
バランスの変化が主な原因なので妊娠中や子育て中にもおこります。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。