高齢出産に多くなるリスクカテゴリの記事一覧

高齢出産に多くなるリスク

高齢出産と呼ばれる時期の妊娠時に多くなる問題点は

ゆはり高齢になるとともに卵巣の機能や血管の弾力性が弱まり、
流産や妊娠中毒症、早産や赤ちゃんの先天異常などが
起こりやすくなることは確かです。

子宮口や産道の伸展性が低下し、
お産に耐えられる体力も低下していることがあるため、
難産になることもあります。

また、産後の回復にも多少時間がかかってしまうことが多いようです。
さらに、潜在的に抱えていた高血圧や糖尿病などの持病が妊娠を機に
症状として現れ、悪影響を与えることも考えられます。

高齢出産のリスクを回避するには、体に気を配り、
ストレスなどをためこまないことが大切です。

疲れたときには決して無理をせず体を休める、
定期健診にはきちんと通い、異常の早期発見、
早期治療を心がけましょう。

高齢初産というととかくリスクばかりが強調されてしまいますが、
今は栄養状態もよく医療も進歩しているため、
過度に心配する必要はありません。
子どもを持つ幸福を噛みしめ、明るく出産に臨みましょう!


具体的には、切迫流産、切迫早産になりやすい。
子宮内に着床しにくくなる事からそういわれています。

妊娠中毒症を起こしやすい。

ダウン症などの染色体異常児の発生率が高くなります。


高齢出産の出産時の問題点は
やはり若いお母さんに比べると難産が多くなります。
難産の場合、出産後の母体の回復が遅くなります。

子宮頚管が柔らかくなりにくくなり
子宮口の開きや膣、会陰などの伸びが悪くなります。
その結果、吸引や鉗子分娩、帝王切開になることがあります。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。