出産年齢と高齢出産のダウン症のリスクカテゴリの記事一覧

日本の実状と高齢出産のダウン症のリスク

出産年齢と高齢出産のダウン症のリスク

現在、最も多い出産年齢は25歳〜30歳といわれてます。


私たちの母親の時代の出産は20代前半が多かったですが
女性が仕事を持つのが普通になり、結婚期も遅くなってますので
出産時期が高齢化するのも当然でしょう。


高齢出産と言われるのは昔はもう少し若かったかもしれませんが
今は35歳以上の初産または40歳以上の出産を高齢出産といいます。


高齢化してきている出産の中でも
35歳以上の初産を高齢初産といいいます。

34歳以下の出産と区別されます。

なぜ区別するのかというと、35歳を境に医学的に
妊娠中や、分娩中のトラブルが発生しやすくなるので
気をつけましょうということです。


たとえばよく言われる「ダウン症候群」ですが、
発症の確立が20代では0.1%(約1000人に1人)なのに
35歳で0.5%(約500人に一人)になり
40歳では1%(100人に1人)まで多くなるという統計があります。


このように高齢出産は、いくつかのリスクの上に
成り立つものであることも忘れてはいけません。


でも女性の身体も健康になり医学も発達してきているので
あまり心配しないで今しかない妊娠から出産までの期間を楽しんで
元気な赤ちゃんを産みましょう。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。