出産費の貸付制度、社会保険の場合カテゴリの記事一覧

出産費の貸付制度、社会保険の場合

【 出産費の貸付制度、社会保険の場合】

赤ちゃんを産みたいけどお金に余裕のない家庭も多いでしょう。

出産費用は高額な為にそれを心配して
妊娠をためらっている方もいらっしゃるようですが、
出産の後に給付される「出産一時金」を無利息で
前借さしてもらえる制度があります。

これで安心して可愛い赤ちゃんの出産に備えましょう。


※詳しくはお住まいの地方自治体、又は市・区役所等にお問合せ下さい。



※各都道府県や市町村区によって条件等が異なる場合がありますので
必ずお住まいの地方自治体、又は市・区役所等にお問合せ下さい。


【 社会保険の場合】

【融資金額】 1万円単位で 24万円まで
【利子】 無利子でご融資いたします。
融資金の振込み時に振り込み手数料を差し引くことはありません。

【条件】
政府管掌健康保険・船員保険の被保険者または被扶養配偶者で、
出産育児一時金の支給が見込まれる方のうち、
次の1もしくは2に該当する方がご利用いただけます。
1、出産予定日まで1ヶ月以内の方
2、妊娠4ヶ月(85日)以上で一時的な支払いを要する方

【手続き】
以下の必要書類をそろえて、社会保険協会(支部)に提出していただきます。

【出産費貸付金貸付申込書】
融資を受けたい金額や、振込みを希望する金融機関の口座など必要事項 を記入していただきます。

【母子健康手帳の写し】
出産予定日を証明するものであればほかの書類でもかまいません。

【被保険者証または受給資格者票等】

【出産費貸付金借用書】

【医療機関等が発行した出産費用の請求書等】
出産予定日まで1ヶ月以内の方の場合、 この書類は不要です。

【出産育児一時金請求書】
出産育児一時金の受け取りは全社連に委任していただくことになっておりますので、請求書の委任状欄に記名押印していただきます。用紙は社会保険協会(支部)にあります。

【返済】
1、出産後に、社会保険事務所に出産育児一時金の請求をしていただきます。その際は「全社連」に受領委任してある請求書で請求してください。
2、全社連があなたの代理で出産育児一時金を受け取り、その一部を返済金に充てます。

3、精算のうえ残った額は、ご指定の口座に振り込み、あわせて完了通知書・振込通知書をお送りし、出産費貸付金借用書をお返しいたします。


詳しいお問合せはこちらにどうぞ
■ (財)東京社会保険協会 経理課
(電話03-5292-6513)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。