生後6ヶ月・7ヶ月の遊び

生後6ヶ月・7ヶ月くらいの遊び

毎日のように赤ちゃんが進歩しているので嬉しくてしかたないですよね。
こんなことができたと喜びを発見してください。


ガサガサした音や感触が楽しくて夢中に!「紙をビリビリ」

この時期の赤ちゃんの大好きな遊びのひとつにチラシや新聞を破るというのがあります。
ガサガサした音や紙の感触が新鮮なのです。

破ってもいい紙を与えて、赤ちゃんの気がすむまで集中して遊ばせてあげましょう。
また破った紙を口に入れたりもします、感覚を口で感じるそれも必要なこと。
飲み込まないように注意しながら、遊ばせてください。


お風呂ではパシャパシャと水面やぬれている湯船のふちを叩きます。


ティッシュの引っぱり出し

赤ちゃんは箱からティッシュを引っ張り出すのが大好きですから、
ほとんどのあかちゃんが夢中になってやるはずです。
指の動きをマスターするのに有効です。
赤ちゃんはなんでも口に入れるのでティッシュが心配ならハンカチやガーゼで作ってあげてもいいですね。


太鼓や鍋をたたく
これはたたくという手の動かし方を覚えさせるのと、
音を聞いて聴覚刺激を与えること、それともうひとつリズム感を養う意味があります。
たたく物は太鼓などのように手に何かを持ってたたくほうがいいでしょう。
太鼓のかわりに鍋でも音の出るものなら赤ちゃんは喜びます。


好奇心と想像力を伸ばす「自由な空間をつくる」
この時期の赤ちゃんは寝返りやハイハイで動く範囲も増えてきます。
そこで、家の中を片づけ、危険な物を取り除いて、赤ちゃんが動き回れる自由な空間をつくってあげましょう。
布団やマットレス、段ボールなどを置き、安全で集中して遊べる空間にしてください。


足の力も強くなり、支えると立つことも

足の力も強くなり、両わきを支えてお母さんのひざの上でピョンピョンさせると、力強くけるようになります。
あかちゃんはピョンピョン遊びは大好きです。
また、腕を持って引っ張ぱるとスーッと立ち上がることもあります。

お母さんやお父さんにとっては、わが子が寝返りをするようになった、
おすわりができたということの一つ一つが、きっと大きな喜びでしょう。

なにしろ、これらは目に見える成長のあかしですから。
でも、赤ちゃんにとっては、寝返りやおすわりそのものが目的ではありません。
これらはすべて「立って歩く」という最終目的を達成するための一つの段階にすぎないのです。
このようにして、赤ちゃんはいま、歩くための準備を着々と進めている最中です。


はいはいの手助けもたいせつです。
腹ばいになった赤ちゃんの伸ばした手のちょっと届かない少し先に、
大好きなおもちゃをおいてあげましょう。

おもちゃを手にとりたい欲求が、手をこぎ足先をける、はいはい動作を導き出します。

赤ちゃんのおなかの下に手を入れて体重を支えてあげると、腹ばいはいはいの次の段階、四つんばいはいはい(高ばいともいいます)へのステップになりますよ。


何でもお口に入れるので注意が必要になってきます。
お口に入る大きさのものは手の届かないところに片付けましょう。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。