幼児教育マニュアル

幼児教育

これは、これから出産予定の方、
0才から、4才、5才のお子さんのいる家庭の
お父さんお母さんたちへの情報です。

赤ちゃん幼児のみるみる知能開発術


お子さんの知能開発に、びっくりするほどの効果があります。

人間の脳のネットワークは、いつできるのでしょうか。

それは、10才までといわれています。

大人の脳のネットワークの80%は、3才のときまでに出来上がります。

そして、残りの20%は、10才までに出来上がります。

ですから、

11才から後になると、急ピッチな上がり方は
難しいということになります。

もちろん、年令は完全なものではないと思います。
大体の目安ということでいわれてます。

もちろん、大人になっても脳のネットワークは
どんどんできていきますが、

140億の脳細胞ということを考えると、
10才までのようにはもういきません。


特に3才までの間、ネットワークを作るのに、

つまり知能を開発するのに一番役立つ
「ことば」のインプット、これは子供のこれからの人生
を考えると死活問題といっても過言ではないでしょう。

しかし、4,5,6才から始めても
びっくりするぐらいの効果が出ます。

ぜひ実行されるといいです。
遅すぎるということは教育には絶対にありません。



そして、絵本の読み聞かせは親子のふれあいもありますが、

もうひとつ、知能開発のもっとも大きな手段でもあるのです。




さて、赤ちゃん幼児の知能を開発するには、
絵本の読み聞かせは大変大事です。

わたしが考えた、「赤ちゃん幼児のみるみる知能開発術」では、
絵本の読み聞かせの具体的な方法が書かれています。

そして、実はもうひとつあるんです。

もうひとつがお子さんの知能をさらに高めてくれます。
わかりやすく言えば、右脳の働きを飛躍的に高めてくれる方法です。


ふたつの方法を具体的にわかりやすく書いています。


二つとも誰でも簡単にできるシンプルな方法です。自宅でできます。


赤ちゃん幼児のみるみる知能開発術


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。