赤ちゃんの産み分け方法

赤ちゃんの産み分け

男女の産み分け方法は書籍などでも色々とでてますが

基本的には

産まれる赤ちゃんの性別は、精子の染色体の種類で決まります。


女を作るのは=X染色体の精子で酸性に強くて
男を作るのは=Y染色体の精子でアルカリ性に強く酸性に弱いです。

Y精子はX精子の約2倍も数が多いです。

X染色体をもつ精子が卵子に入れば女の子が生まれ、
Y染色体をもつ精子が卵子に入れば男の子が生まれます。


今の医学では95%前後の割合で産み分けが成功するそうです。
値段も2万5千円〜3万円という安さです。

産み分けの成功確立が高いのは
生まれてほしい染色体を子宮に入れるからです。

ここ数年、産み分けや計画妊娠を望む
夫婦が非常に多くなってます。
特に2人目を希望される夫婦の8割は
産み分けや計画妊娠を望んでいるらしいです。


膣の中は、普通の状態では酸性です。
膣は雑菌の侵入を防ぐため、
常に強い酸性液で満たされています。

Y精子の数はX精子よりも2倍も多いのは、
酸性に弱いY精子の数をX精子の数よりも多くしてバランスをとっているのです。
そして子宮頸部と子宮内部がアルカリ性を示しています。

排卵日が近づくにつれて、子宮頸部からは、
一段と強いアルカリ性粘液が分泌され、膣内の酸性度を弱めます。

また一般的に、女性はオルガスムスを感じることによって
膣内の酸性度が弱くなりアルカリ性に変わる傾向にあります。

これはともに、男の子をつくるY精子が活動しやすい環境ですね。


この、酸性とアルカリ性の変化をめやすとして、
X精子・Y精子の性質を考えると、排卵日をめやすとして
性交する日を選ぶことで、ある程度の産み分けができるのです。

ですから

男の子がほしい場合は、

排卵日当日に性交。

男性は充分に深く挿入する。

排卵日までは5日間くらい禁欲=Y精子ができるだけ多いほうが良い。

女性がオルガスムスに達した後で射精する。

女の子がほしい場合は、
排卵日の2日前に最後の性交。
それ以降1週間は禁欲、あるいは避妊。

男性は浅く挿入する。

女性がオルガスムスに達する前に射精する。

となります。

気になるのが
産みわけを希望する夫婦の9割以上が
女の赤ちゃんを希望していることです。

ますます女性が強くなる世の中になるかも
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。