産婦人科の実情

少子化のせいだけではないですが
産婦人科医が全国的に少なくなり忙しくて大変な事情がわかります。

そんな中、舛添厚生労働相が受け入れ体制整備を要請しました。


奈良「産科たらい回し」報道 マスコミの異常「医療バッシング」

奈良県立医大病院では、「説明文書」を発表した
奈良県で、38歳の妊婦が救急車で運ばれたが、
受け入れる病院がなかなか見つからず「死産」となった事件で、
マスコミはこぞって「たらい回し」「態勢の不備」と批判した。
一部では、「通報場所から近い病院に空きベッドがあったのに、
受け入れを断っていた」との報道も飛び出し、
「医療バッシング」の様相も呈してきている。

これを受けて、3度の受け入れ要請があった奈良県立医大病院は、
2007年8月31日、経緯を説明する文書を発表した。
分単位で当直者2名の行動が記されており、
現場の過酷さと受け入れが困難な実態が伝わってくる内容だ。


当直医2名は、1睡もしないまま翌日の業務についた
事件では、8月29日午前2時45分頃、
妊娠7ヶ月の女性がスーパーで体調を崩し救急車で搬送されたが、
救急隊は12の病院に述べ16回の要請を余儀なくされ、

女性は午前5時頃に死産した、というものだ。
各病院が受け入れを断ったことに非難が集まった。
特に、通報現場から800mしか離れておらず、
最初に受け入れ要請があった奈良県立医大付属病院については
「空きベッドがあったのに、受け入れを断っていた」
などと報じられ、批判が高まっていた。


こんな状況を受け、同病院では、8月31日になって院長名で
「今般の妊婦救急搬送事案について」と題した文章を発表。
「誠に遺憾と感じている」としながら、「過酷な勤務状況だった」
と現場の状況に理解を求める内容だ。

資料は産婦人科の当直医2名の対応を、
8月28日19時6分から29日8時半にかけて記したもので、
当直日誌記録から書き起こしたものだ。
同資料中には、患者Aから患者Fまで、患者6人が登場。
これだけでも負担の大きさが伺えるが、患者AからFのうち、
1人が出産(患者D)、1人が緊急帝王切開で出産している(患者B)。
また別の患者は、破水して緊急入院し産科病棟は満床となったが(患者E)、
さらに別の患者について「分娩後に大量出血した患者がいる」
との受け入れ要請が開業医から寄せられ、他病棟と交渉して収容、
対応に追われてもいる(患者F)。こんな状況下で、
産婦人科には救急隊から2度にわたって受け入れ要請があったが、

「お産の診察中で、後にして欲しい」
「今、医師が、急患搬送を希望している他医療機関医師と
話しをしているので、後で電話をして欲しい」(事務担当者が応対)
といった理由で断らざるを得なかった、ということのようだ。
この当直医2名は、1睡もしないまま、翌日の業務についたという。

なお、同病院によると、前述2回以外にも
「高度救命救急センター」にも1回受け入れ要請があったが、
「(本人の)命にかかわる状況ではないので対象外」だとして、
受け入れを断っている。


お産をするために「抽選」が必要!!
事情は他の病院でも同様で、やはり、
この女性の受け入れ要請を断った大阪市の千船(ちぶね)病院も、
朝日新聞の「アエラ」(07年9月10日号)に対して、

「当日は午前2時から5時にかけて4件の分娩があり、
そのうち3件は帝王切開で、待機中の妊婦も2人いました、
当直医と応援の産婦人科医の2人でそれに対応していました。
産婦人科の常勤医は7人いますが、つねに出勤態勢を取らせるのは
心身ともにプレッシャーが大きすぎます」
と、奈良県立医大病院なみに多忙だった様子を明かしている。
さらに同誌では、患者側の行動について

「高度な医療が必要な3次救急の病院に、
歩いてこられる程度の風邪を引いた程度の患者が来たり、
救急車をタクシー代わりに使ったり」
と言及、患者側のモラル低下が医療環境を悪化させ、
結果的に自分の首を絞めることになっている現状を示唆している。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。