麻疹(はしか)が心配ですが妊娠希望してます

はしか(麻疹)が流行していますが妊娠希望しています。

妊娠希望していますが、麻疹(はしか)の予防接種後は
どのくらい妊娠を控えるといいのでしょうか?



麻疹(はしか)は従来子供の病気とされていましたが、
子供の頃にワクチン接種を受けなくて、
自然感染しないまま成人となれば、
免疫をもたないまま妊娠することになります。


麻疹(はしか)にはワクチンという方法がありますので、
妊娠前に感染の既往や抗体の有無を確認し、
免疫がなければワクチンを受けておくことで妊娠中の感染を防止できます。

また、家族の既往歴を確認し、
はしか(麻疹)にかかったことのない人は早くにワクチンをうけ、
家族からの感染の危険を取り除いておくことが大切です。


まず、予防接種を受ける前に採血で抗体価(免疫があるかどうか)
の検査を受けられた方が良いと思います。

麻疹(はしか)に関しては、
妊娠が判明した早い内に採血で調べることが多いですね。

周辺で流行していないならそんなに心配ありませんが、
心配なら妊娠前に検査を受けられれば良いと思います。


妊娠を控える期間は免疫がつくまでの期間ですから
はしか(麻疹)の予防接種後1回生理が来れば十分だと思います。


麻疹(はしか)については健診項目などにはなっていませんので
流早産の危険は増しますが、
風疹のように胎児への催奇形性などのリスクはないといわれています。

妊婦が麻疹(はしか)にかかると

厚生労働省は30日、はしかに免疫のない妊婦が感染すると、流産や早産を起こしやすくなるため、インターネットなどを通じて、妊婦や近い将来妊娠を希望している女性に対し、注意を呼びかけることを決めた

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/43994060

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。