マタニティブルー

出産前後のママたちの前に立ちはだかる大きな問題、

「マタニティブルー」


マタニティブルーはホルモンのバンスと繊細な心の問題も関係するので少しでも前知識があると、ああこれがそうなんだって気持ち的に少しらくになります。

どういう症状になるのか、どうやって乗り越えればいいのと
心配しているママも多いのではないでしょうか? 
現在マタニティブルーになっている人も、
これからなるかもしれないと思っている人も、
知識と心構えを身につけちょいちょいっと乗り越えていきましょう!


マタニティブルーって?

簡単に言うと妊娠前後に起こるホルモンバランスの変化によって生じる軽度のうつのことです。

マタニティブルーとは、
出産前後の一時期間にホルモンの大変動によって起こる軽うつ状態のことをいいます。
症状は人によってさまざまですが、
主に精神的に不安定になる、涙もろくなる、イライラする、
ささいなことが気になる、無気力になる、途方にくれる、
常に不安な気持ちがつきまとうなどです。

一般的に言われるマタニティブルーは、
産後1ヵ月ほどの間に起こるお母さんの感情の揺れを指します。
これは、特に理由もないのに涙もろくなる、食欲がなくなる、
憂鬱な気分になる、イライラする、途方にくれる、など
人さまざまな症状が現れます


妊娠中から起こるホルモンバランスの変化は、
出産後に再び急激に変化します。
産後2〜3日目にちょうどホルモンの大きな変わり目があり、
その影響を受けて、精神的に不安定な状態に陥りやすくなります。

この状態がほとんどの方に見られるマタニティブルーといわれるものです。
症状の程度に差はあれ一時的なものなので心配はありません。

マタニティブルーは何度も言いますが一時的なものなのです、
これらの症状がずっと続くわけではありませんが、
ひどくなると一日中泣きっぱなしだったり、
ご飯を食べられなくなったり、ボーっとして
育児を放棄して部屋にこもりきりになってしまう人もいるようです。

しかしマタニティブルーは出産後だけではなくホルモンの
バランスの変化が主な原因なので妊娠中や子育て中にもおこります。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。