出産費の貸付制度、国民健康保険の場合

【 出産費の貸付制度、国民健康保険の場合 】
赤ちゃんを産みたいけどお金に余裕のない家庭も多いでしょう。

出産費用は高額な為にそれを心配して
妊娠をためらっている方もいらっしゃるようですが、
出産の後に給付される「出産一時金」を無利息で
前借さしてもらえる制度があります。

これで安心して可愛い赤ちゃんの出産に備えましょう。


※詳しくはお住まいの地方自治体、又は市・区役所等にお問合せ下さい。


【 国民健康保険の場合】


【 出産費の貸付制度 】

24万円を限度に、出産費用を無利子で貸し付ける制度が、
創設されています。

借りたお金は、出産後に申請して支給される出産育児一時金(30万円)から差し引かれる仕組みで、
限度額いっぱいの24万円を借りるケースでは、出産育児一時金から貸付金を差し引いて
借金を消滅させ、出産育児一時金の残りの6万円が支給されます。

利用者からすれば返済資金を用意する必要はなく、
実質的に出産育児一時金の一部(最高8割)が前倒し支給となるものです。

[対象] 国民健康保険に加入し、
出産予定日まで1か月以内の被保険者のいる世帯で、貸付申込日現在、
納期限の過ぎている国民健康保険料を完納している世帯。


[申込場所] 各市役所 国民健康保険課 窓口


[申込書類]
出産費資金貸付申込書
出産費資金貸借契約書

[申込に必要なもの]
医師または助産婦の出産予定証明書
(出産予定日まで1か月以内を証明)

国民健康保険証
印鑑(認印)
世帯主名義の預金通帳(郵便局を除く)
収入印紙    (※市役所内 行政情報センターで購入できます。)
※印紙税 
(1)貸付金額が10万円以下の場合、200円
(2)貸付金額が10万円を越える場合、400円

[出産費資金の貸付] 出産費資金貸付申込後、
概ね10日後に出産費貸付金を指定口座へ振込み又は現金で支給します。 
出産費貸付金は、出産育児一時金支給時に出産費貸付金を相殺し、
残額を出産育児一時金として支給します。



詳しいお問合せは、お住まいの各区役所・国民健康保険課へ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。