高齢出産のメリットデメリット

高齢で産むメリットとデメリット

高齢になるほど不妊や流産のリスクが増えます。

ダウン症など染色体異常の率も高くなります。

デメリットが強調される高齢出産ですが
高齢出産に多くのリスクがあることは間違いないでしょう。
でも、それをわかったうえで、
高齢出産を選ぶ人が増えてきているのも事実です。


高齢出産組に共通しているのは、
みんなとても充実しているということ。

妊娠中は体や心の変化を楽しんでいるように見えますし、
若いお母さんよりも余裕があるように思えます。


体力的には、辛いでしょうが逆に
「子どもからエネルギーをもらって元気になった」
「ホルモン分泌が変わったせいか、前よりむしろ体調がよくなった」
などという人もいるようです。


「高齢というリスクがあるからこそ、1日1日を大切にし、
今を存分に楽しみましょう」


リスクを抱える分、喜びが大きいのは確かなんじゃないでしょうか。

42歳の私は体力的に少しキツイです、でも楽しみです。
もちろん不安はありますが気にしないようにしてます。
多分体調を崩さないかぎり臨月まで働くと思います。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/41564268

この記事へのトラックバック

高齢出産のリスク
Excerpt: 再婚そして出産再婚そして出産私はバツ1で20歳の時に産んだ子供が一人居ます。現在...
Weblog: 高齢出産、リスク、芸能人、ダウン症についていの情報館
Tracked: 2007-07-12 09:08
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。