高齢出産について

高齢出産について

現在、昔に比べて初婚年齢が高齢化している事や、
結婚後も仕事を続ける女性が増えている事から、
30歳を超えて出産をする女性が増えています。


昔昭和の半ば頃までは年齢が30歳を過ぎての出産を
高齢出産と言われてましたが
今現在「高齢出産」と呼ばれるのは、35歳を過ぎての初産、
または、40歳以降での2度目以降の出産を指します。


出来れば高齢出産という時期より前に産んでおきたいのは
やまやまですが、色々な事情から簡単にそうはいかないものです。
ここではそんな【高齢出産】について、前向きに考えていきましょう。


高齢出産は、今まで言われてきたように、
リスクだけが先行するものではないですが、
誰にでも実現可能とは限らないのです。


欲しいと思っていてもできなかった人、
また仕事や経済的余裕がなかった人
その人によってさまざまですが、
若いときに産んでおけばよかったと
後悔する声があるのも確かです。

でも、高齢と言われる年齢になって、やっと妊娠した、
やっと子どもを持つ気になったというのなら、
リスクにおびえるのではなく、
せっかくのチャンスですから高齢出産にしっかりと向き合い、
高齢出産を楽しみながらとり組んでいきましょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。