止まらぬ少子化 子供の数、28年連続減少

日本は総人口に占める子供の割合が世界最低水準となった。
安心して子どもを産み育てる環境ではないということの現われ

生活の不安、老後の不安
こんな世の中にどうしてなってしまったのか

生きていくために
これだけの不安があれば少子高齢化は当然かもしれません

世界でもこれだけ老後に不安のある国はないかもしれません

「こどもの日」に合わせ、総務省が4日発表した人口推計
(4月1日現在)によると、15歳未満の子供は昨年より11万人少ない
1714万人となった。

昭和57年から28年連続で減少し、過去最少を更新した。

総人口に占める子供の割合も世界最低水準となり、
少子化に歯止めが掛からない状況が改めて浮き彫りとなった。

総人口に占める子供の割合は、昨年比0・1ポイント減の13・4%で、
35年連続の低下。

人口3000万人以上の31カ国と比べても、
米国(20・2%)、フランス(18・3%)、ドイツ(13・9%)などを下回り、
世界でも屈指の低い数字となった。最高はナイジェリアの44・3%だった。

20年10月の人口推計で65歳以上の比率が22・1%に対し、
0−14歳が13・5%と世界的にも少ないことを挙げ、
「日本は世界で最も少子高齢化が進行している」

★少子高齢化

とりあえず今は新型インフルエンザが猛威を振るっているので
家族と子どもを護らないとね
子供用インフルエンザ予防マスク
インフルエンザ予防マスク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。