hib(ヒブ)ワクチン 予防接種

hib(ヒブ)ワクチンとは
「Haemophilus influenzae type b」の略で
Hib、エイチ アイ ビー、ヒブと呼びます。

髄膜炎などの原因とされるHib(インフルエンザ菌b型)の
ワクチンの予防接種のことです。

hib(ヒブ)ワクチンは、任意接種となっています。


髄膜炎とhib(ヒブ)ワクチン
体の中でもっとも大切といえる脳や脊髄を包んでいる膜を髄膜といい
この髄膜に細菌やウイルスが感染して炎症が起こる病気が髄膜炎です。

その髄膜炎のなかで後遺症が残るなど怖いのが細菌性髄膜炎です。

乳幼児の細菌性髄膜炎の原因はいろいろありますが、
原因の過半数を占めているのがインフルエンザ菌b型という細菌で
略して「hib(ヒブ)」と呼ばれています。

このhibヒブによる細菌性髄膜炎を予防するのがhib(ヒブ)ワクチンです。

冬に流行るインフルエンザとは、全く別の物です。

「hib(ヒブ)」による細菌性髄膜炎は、5歳未満の乳幼児がかかりやすく
特に生後3ヶ月から2歳になるまでにかかりやすいので注意が必要です。

どんな赤ちゃんにでも起こりうる病気ですが、
問題は後遺症が残る確立がとても高いことです。


hib髄膜炎にかかると1ヶ月程度の入院と抗生物質による治療が必要となり、
治療を受けても約5%(年間約30人)の乳幼児が死亡し、
約25%(年間約150人)に発育障害(知能障害)をはじめ、
聴力障害、てんかんなどの後遺症が残ります。


アメリカでは、hib(ヒブ)ワクチンが承認された90年を境に、
100%に限りなく近く防げるようになったとされてます。

日本でも
「hib(ヒブ)ワクチンは、4回の接種を受けた人のほぼ100%に抗体(免疫)ができ
ヒブ感染症に対する高い予防効果が認められています。

先進国はもちろん、よっぽど医療が遅れている地域を除いて、
殆どの国で当然のように受けらる予防接種です。


hibワクチンの接種年齢
私の地域でのhibワクチンの接種年齢は、
生後2ヶ月以上になれば受けられます。

望ましいhibワクチン接種スケジュールは、初回免疫として
生後2ヶ月から7ヶ月になるまでにhibワクチン接種を開始し
4〜8週間間隔で3回、追加免疫として3回目の接種から約1年後に
1回の計4回hibワクチンの接種します。


私の娘は1歳過ぎてしまいましたが先月1回目の
hib(ヒブ)ワクチンの予防接種を受けてきました。

hib(ヒブ)ワクチンの予防接種を受けたい場合は、
かかりつけの医師と相談してください。

hib(ヒブ)ワクチン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。