赤ちゃんの成長 生後10ヶ月

赤ちゃんの成長 生後10ヶ月、
このころになると伝い歩きも始まって、どこにでも行きます。

この頃から歩き始める赤ちゃんがでてきますが
まだまだ早いほうなのであせらないでください。
まずはタッチと伝い歩きです。

タカバイ、四つんばいになってはうようになり、
スピードもついて、アッという間に目的地へと着きます。

手に届く家具があるとソファからたんす、ドアから壁へというぐあいに、
伝え歩きでどこへでも行ってしまいます。

赤ちゃんにとっては、動くことそのものが遊びであり運動でもあり、また勉強でもあります。
冒険に次ぐ大冒険で、危ないものは整理して、行動の自由を確保してあげましょう。


自分が持っているおもちゃを人にさし出すしぐさをみせはじめると
やりとりを楽しめるようになると同時に、
自己主張もはっきりしてきます。

喜怒哀楽の表情が面白いですよ

自分の持っているおもちゃをとられると
ぅう〜っと怒ったり、泣いて怒ったり、また大泣きしたりします。
一段と人間らしい情緒が発達してきたのですね。

お口にいけないものを入れたのを見つけてコラッなんて怒って近づこうとすると
わかるのか後ろを向いて隠れるような態度をしたり
逃げ出そうとしたりします。(*⌒m⌒)ぷっ


伝い歩きがじょうずになります。目的地にたどり着いてニッコリ。
支えてあげると、笑顔で立っち。でも、まだ手を離そうとすると、こわがります。
引き戸をあけちゃう赤ちゃんも。お母さん、ご用心。ベランダや廊下に出ると危険ですね。


歩くための練習、あんよはじょうずの練習を始めましょう

早い子は8ヶ月や9カ月ごろから歩き始める赤ちゃんもいます。
しかし1歳6ヶ月でもまだ伝い歩きがやっとの子もいます。

もちろん、手をかけずにいてもごく自然に赤ちゃんはいつか歩き始めます。

ママにとっては心配でしょうが、気にしないでください。
あまり気にしすぎると子供はママの不安が伝わりますので
この子はのんびりやさんですとママものんびりとそう思ってあげてください。

でも、赤ちゃん体操を兼ねて、立っちと「あんよはじょうず」の練習を始めてみましょうね。

8カ月ごろから、つかまり立ちの練習をしてきましたね。
こんどは、しゃがみ立ち上がりの練習です。

そしてもう一つ、赤ちゃんの手くびを握って、
右足一歩、左足一歩というぐあいに、
足を交互に運ぶ動作をリードしてあげましょう。

はじめは嫌がりますがイライラしたり怒らずにママがつくり笑顔で
よいしょよいしょとかイッチニイッチニと言うと笑いながらするようになりますが
しばらくは1歩2歩でしゃがみこみます。無理せずちょこちょこと時間のあるときに

テレビ、ラジオ、ビデオを活用しましょう
生後9ヶ月から生後10ヶ月の赤ちゃんは音の出るもの、動くものに好奇心を刺激されます。
テレビがついていると伝い歩きをしてテレビのまん前に立ち、画面に顔をぴったり寄せてみたりしますね。
また、テレビやビデオのリモコンなどは大好きで特に押すと音の出るリモコンや携帯電話などが大好き。

音楽が流れると身体をゆすってリズムをとりだします。
調子に乗ると身体全体を使います。

こんな赤ちゃんの成長を大事にして、テレビ、ラジオ、ビデオを活用しましょう。
「むすんでひらいて」などの歌に合わせて、体を動かして遊ぶことを教えてあげましょう。


うちの姫はいないいないばぁをします。
(〃^∇^)o彡☆あははははっ


何でもお口に入れますので、入れていいものはキレイにして
ボタン電池やタバコ、ナイロンの切れ端や小さなものを片付けて誤飲に注意しましょう。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。