家庭内子供の安全 子供のキケン3歳〜

家庭内での子供の安全
子どものキケン、3歳〜

子どものキケン、3歳以上になると、子どもの行動は益々活発になり、
跳ねたり、走ったり色々な事ができるようになります。
もちろん行動範囲も広がります。
家の中だけでなく外に出る機会も増えてきます。
教えるのが早い家の子供は自転車にも乗れます。

行動範囲が広くなる分、
転落、やけど、溺水、自動車事故などの危険も高くなります。

行動範囲が広くなっても子どもはまだ
何が危ないのかについて十分に分かっていません。
危険と安全について十分に教えてあげてください。

家の中では、マッチやライターでの火遊びでのやけどや火事もあります。
仏壇やタバコを吸う家庭では気をつけてください。

ベランダや窓、階上から階下への転落事故も多いです。

背が高くなってきたと思っても身体に対して頭が重いのです。
覗き込んで身体を支えられずに転落してしまいます。

水の量の浅いお風呂場でも頭から落ちて意識が無くなり窒息、
またショックで気管に水が入り込んで・・・
など怖いですのでもう少し大きくなるまで注意が必要です。


外では交通事故や公園での遊具での事故、また、池や川、海などの事故も増えてきます。
特に川や池などのキケンな場所には、近寄らないように教えてあげてください。


★こどもの安全グッズ一覧ページ

サッシロック

★サッシロック一覧ページ


【ベビー用品:安心グッズ】Richell(リッチェル) スヌーピー あかちゃん安心25点セット
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。