子どもの安全 家庭のキケン

子どもの安全 家庭のキケン

私が2回ほど経験したのは
ベランダで洗濯物を干していて
子供にカギをかけられてしまったことがあります。
部屋の中に入る子供にカギの部分を指を刺して開けろといっても
開けれなくて子供は意味がわからず泣くばかり

あせりましたね、

子供のキケン

子どもの事故・ケガや死亡事故があいかわらず多いですが
なんと家庭内が最も多いのです。

親や大人がちょっとした注意を怠ったために
重大な事故につながる事もあるので気をつけたいです。

子供の成長は思っているより早く、この前産まれたばかりなのに
いつのまにか寝返りをうつようになり
ハイハイをするようになり
つかまり立ちへと次から次へと成長しています。

つかまり立ちをすると足もつよくなりすぐに歩くようになり
物に上ることも覚えます。行動範囲が多くなるに比例して
キケンも増えると考えてください。


ベランダも危ないです。ベランダの外側にはプランターやゴミ箱など
物を置かないようにしないといけません。


昨年私の知り合いの子ども2歳でしたが、
ほんの数分目を離した空きに、
お風呂場に貯めていた20センチほどの残り湯に
頭から落ちて溺死で亡くなるという悲惨な事故がありました。


小さな子どもの安全は、親が守らなくてはいけません。
ちょっとした注意で守れるのですから手間でも意識してあげてください。

気にしだすと何もかも危ないですが
キケンな事だけでも注意しましょう。


★こどもの安全グッズ一覧ページ

【ベビー用品:安心グッズ】Richell(リッチェル) スヌーピー あかちゃん安心25点セット
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。